2010/10/22 釣行記2010年10月23日 13時25分

 さて今週も夜中に釣行。午後10時出発。

 まずは先週カマスが釣れたポイントに行ってみる。しかし風が強い。軽い仕掛けでは流されて釣りがしづらい。すぐさま場所を移動。

 2ヶ所目。移動途中で見つけたポイントで竿を出してみる。常夜灯があり小魚の気配もあるので期待できそう。しばらくメタルジグを投げていると何かしら掛かる。
ウミタナゴ
ウミタナゴのスレ・・・。どうやら群れている小魚はこいつららしい。しばらく粘ってもアタリはないため更に移動。

 3ヶ所目。こちらは先週釣れずにスルーしたポイント。今日は風裏になり釣りやすそうなので竿を出す。しばらくワームで探っていると何かしらヒット。軽量タックルなので結構いい引きをする。
タケノコメバル
上がってきたのはタケノコメバル。その後もポツポツと15cm前後のタケノコ追加。午前2時、寒くなってきたので終了。

 先週に引き続き今週もボウズではなく、ほどほどに釣りが楽しめた。なんだか昔にくらべてガツガツ釣りをしなくなり、少しでも釣れれば満足できるようになった。年をとったのか・・・。

2010/10/16 釣行記2010年10月16日 18時28分

 前回の釣行から間があるが、実はちょくちょく近場に短時間の釣行はしていた。しかしこれといってブログに書くようなことはなかった(ボウズ)ため、面倒くさくて書いていなかった。

 さて、今日は久しぶりに遠出してみる。とはいっても車で1時間ほどだが。夜10時出発。11時ごろ最初のポイントに到着。アオリイカが釣れているのかな?エギをやっている人が多い。空いているところでソフトルアーを投げる。ふと足元にモゾモゾしたものが・・・。
足元で期待する猫

やたらに人懐っこい子猫登場。魚が釣れるのをじっと待つ。しかし30分ほどしても釣れないため、他の人のところに去っていった。おそらく内心舌打ちしていただろう・・・。

 2ヶ所目にポイント移動。常夜灯周りになにやらベイトが群れいている。これは期待できそう。しばらくワームを投げ続けると何かがヒット!あまり大きくなさそうだが、変わった引き。引き抜いてみると・・・
カマス

おっ、カマス。初めて釣った。久しぶりに愛知DEルアー&フライを更新できた。

 その後もルアーを投げ続けると今度は別の魚がヒット。
セイゴ
あがってきたのは小さなセイゴ。さらにその後カマスを2匹追加。時刻は午前2時を回ったため本日は終了。


 久しぶりに新しい魚種も釣れ、時間は短かったが満足できた釣行だった。

2010/08/31 釣行記2010年08月31日 09時30分

別に今日は休日ではない。

 以前から一度、出勤前に釣行してみたいと思っていた。しかしどうもそれをやってしまうと釣りドランカーになったように思えてためらっていた。

 しかしもう8月。今年は釣りにいける機会が少なく、このままだとろくな釣果もないまま一年が終わってしまいそうに思えたため、躊躇いを捨てて出勤前釣行。

 朝4時起床。本当はいつもどおり朝食を食べて出発するつもりだったが、炊飯器の予約時間を変更するのを忘れていた。よって朝食抜きで出発。

 5時ちょっとすぎにポイントに到着。思っていたよりも潮がひいている。陸の上からルアーを投げるが、ポイントまで届かないのでサンダルのまま水に入って釣ることに。

 途中、足が何かくすぐったいと思ったら、ハゼがくっついていた。少しでも立ち止まっていると、ハゼが立ち木と間違えているのかサンダルの中を出たり入ったりしている。ドクターフィッシュみたい。
足元にハゼ

 肝心の釣果の方だが、どうもルアーを追うような魚の気配がない。結局7時くらいまでやってみたが、アタリはなかった。


 しかし、出勤前の釣りも悪くないな。釣りがしたくてうずうずしながら仕事をするよりは、よっぽど仕事もはかどりそう。


 水中でルアーを拾った。フックも錆びておらず結構新しそう。早起きは三文の徳。

ルアー拾う

2010/08/29 釣行記2010年08月28日 10時50分

まるっと2ヶ月ぶりの釣行。釣りにいけなかった理由は、身内に不幸があり四十九日が明けるまで釣りを我慢していたから。しかし1年間に2回も身内に不幸があると、100日近く釣り禁止になるな。なかなか厳しい・・・

さて、今日は朝4時に起床。目的地は近くの1級河川の河口。久しぶりにウェーディングをしてみることにする。

ポイントに着くと、ちょうど満潮前で水位は高い。膝ぐらいまで水に浸かり釣り開始。ルアーはバイブレーションを中心にポイントを移動しながら探っていく。しかしアタリはない。ベイトも少なくあまり活性を感じられない。日が高くなり気温も上昇してくると、ウェーダーを履いて釣りをするのもつらくなってきた。一端上陸し、ポイントを移動する。

二ヶ所目。もう暑いのでウェーディングはヤメ。丘から無難に釣り。しかし結局マトモなアタリもなし。久しぶりの釣行はボウズで終了。

結果は残念だったが、久しぶりの釣行はストレス発散になった。今度は結果を残したい。

2010/06/20 釣行記2010年06月20日 11時27分

タケノコメバル

今週も朝から釣行。最近は頻繁に行けてるな。しかしもうすぐ中小企業診断士の実務補修もあるし、またしばらく行けなくなりそう。

朝4時半出発。前回同様、一級河川の河口がポイント。今日は新しく買ったバイブレーションから試す。しかし、昨日の大雨のせいで水はかなり濁りルアーが目立たない。数種類のルアーを試すが反応がないため、諦めてテトラ帯の根魚を狙う。

ワームで穴を探るとコンスタントにタケノコメバルがヒット。かなり浅い水位で掛かるため、根に潜られても水に手を突っ込んで取り込める。結局2時間ほどで、大小20匹ほど釣り上げ、飽きてきたので本日は終了。

相変わらず本命の魚は釣れていないが、数が釣れたのでいいストレス解消になった。

2010/06/12 釣行記2010年06月12日 16時18分

タケノコメバル

もうすぐ梅雨入り。しかし今年は遅いな。

今週も、ルアーでクロダイを狙ってみる。しかしあまりの釣れなさに正直しんどくなってきた。

朝4時半出発。今回のポイントは自宅から30分ほど一級河川の河口。ポイントに着くと大潮の満潮でかなり水位は高い。足場が悪いため長靴を履いて釣り開始。時折小魚の群れが足元まで回遊してくる。その小魚を狙う魚もきっといるはず。またやたらと蟹も多い。小さいものから大きいのは手のひら大のまで、大小さまざまな蟹が足元を通り抜けていく。ポイントとしては生命感が豊富でよさそう。しかし、なかなかアタリはない。しばらく我慢をしていたが、飽きてきたため、テトラの近くをワームで探ってみる。すると何かしらヒット。引っこ抜くとタケノコメバルだった。

その後もテトラ付近でなにかしらのにょろにょろした魚が掛かるが、釣上げるには到らず。日が昇り潮が引いてくると、潮干狩り客が多くなってきたため今日はこれまで。

結局今日も目的の魚は釣れなかった。しかしポイントとしてはかなり面白そう。魚種も豊富そうだし、しばらく通ってみるのもいいかも。

2010/05/22 釣行記2010年05月22日 02時22分

先週、先々週と休日出勤だったため2週ぶりの釣行。今週も執拗にクロダイをルアーで狙ってみる。

夜9時出発。1時間ほどでいつものポイントに到着。昼間は30度近くまで気温が上がったせいか、夜になっても寒くない。釣り人も前回に比べれば多くなった。

いつもどおりチヌボンボンで探っていく。しばらく探りアタリがなければルアーをローテーションする。しかし今週も全く反応がない。エサで釣っている人も釣れていない様子。しかし、ルアーでシーバスを狙っている人は、コンスタントにあげている。誘惑に負けてミノーでシーバスを狙ってみるが、どうやらゴカイを中心に捕食しているシーバスは無反応。

結局、今日も深夜1時半まで粘るが釣れることはなかった。やばい、だんだん根魚やシーバスを釣りたくなってきた・・・。前に狙っていたときも、結局誘惑に勝てずにクロダイを狙うのをやめてしまった。今が我慢のしどころか・・・。

2010/05/05 釣行記2010年05月05日 16時49分

ムラソイ

ゴールデンウィークも最終日。子供が釣りに行きたいというので、安い延べ竿を買い、海までドライブがてら釣行。

漁港に着き、堤防周りで群れている子メバルを狙う。エサは買うのがもったいないので、熱帯魚のエサの冷凍赤虫とホワイトシュリンプ。仕掛けを作り、魚の群れているところへ糸をたらすと、興味は示すがなかなか掛からない。そのうちに子供が飽きてきて、竿で海をかき回し始めた・・・。やはり4歳の子には早すぎたよう。

しかしせっかく海まできたので、生きている魚に触れさせたい。ルアーで穴釣りをして根魚を狙う。するとすぐにムラソイがヒット。子供も大興奮でバケツを取りに走る。

バケツの中のムラソイを手ですくって見せると、子供もおそるおそる触り始めた。最初は指でつつくぐらいだったが、すぐに慣れて手ですくってキャッキャッと喜んでいた。普段何気なく釣っているムラソイでも、今日は特別な存在となった。

最後はムラソイを海に帰して帰宅。いいGWだった。

2010/05/03 釣行記2010年05月04日 10時39分

ゴールデンウィーク2回目の釣行。

前回宣言したように、当面はボウズ覚悟でクロダイ一本に狙いを絞る。午後9時30分出発。1時間ほどで前回と同じポイントに到着。そして前回同様、チヌ専用ルアーで探っていく。ゴールデンウィークということもあり、釣り人もそこそこいる。しかしどうも釣れていなさそう。

チヌボンボン、バンプラなど一通りルアーを試すがアタリはない。ボラらしいベイトが多数いるのでミノーも試してみるがこちらも反応無し。シーバスを狙っている人も厳しそう。

結局1時半まで粘るもアタリらしいアタリ無し。本日もボウズ。しかしめげずに当面狙っていく。

2010/04/10 釣行記2010年04月10日 09時13分

タケノコメバル&クロソイ

ブログを読み返してみると、実に1年近く何も釣れていない・・・。釣行回数が少ないとはいえこれは酷い。

ということで、今回は確実に釣るべく根魚を狙う。満潮が朝4時頃の予定なので2時に起床。1時間かけてポイントに到着。今日は風も穏やかで釣りやすそう。いつも通りジグヘッドとスクリューテールグラブの組み合わせで街灯周りを探る。しばらくすると、小さなアタリ有り。久しぶりに釣れたのはタケノコメバル。その後もタケノコを1匹追加した後、今度はクロソイが釣れる。

1時間ほどタケノコメバルがコンスタントに釣れたが、日が昇ると全くアタリがなくなり、終了。結局、タケノコメバル十数匹とクロソイ2匹。

大きなサイズは釣れなかったが、久しぶりに数を釣れて楽しめた。