firewalldの代わりにiptables2014年07月23日 14時54分

Fedora18以降はデフォルトのファイアウォールサービスが「iptables」から「firewalld」に変わったらしい。


おそらく新しいfirewalldの方が使いやすく機能も優れているのだろうが、iptablesで登録してあるルールを設定しなおす時間がない。

とりあえずiptablesを継続して使うこととする。

1. 「yum install iptables-services iptables-utils」 でインストール。

2. 「systemctl disable firewalld」と「systemctl stop firewalld」でfirewalldサービスを止める

3.「systemctl start iptables」でiptablesサービスを起動。


なかなかlinuxに注ぐ時間がないが、その間にどんどん変化していってるなぁ・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
↓に「sakanade」と入力してください。

コメント:

トラックバック