Fedora17のdovecot2012年11月01日 12時49分

Fedoraを13から17にアップグレードしたわけだが、どうやらdovecotの設定がいままでとは違う。

メールをクライアントが受信しようとした際に、

Plaintext authentication disallowed on non-secure (SSL/TLS) connections

というエラーがでる。今まではdovecot.confに

 disable_plaintext_auth = no

という記述を追加すれば解決していたが、今回はどうもそれでは
うまくいかない。

 いろいろ調べたところ、「/etc/dovecot/conf.d/」以下にある設定ファイルを
いじる必要があるらしい。

 まずは「10-auth.conf」というファイルを編集する。

  # allow plain text auth
disable_plaintext_auth = no

# allowed authentication mechanism, at least these 2 options
auth_mechanisms = plain login

とする。最後の「login」はなくても可?
 次に「10-ssl.conf」というファイルを編集。

 ssl=no

に変更。

 とりあえずこれだけの設定でサービスを再起動すればエラーは出なくなりメールの受信ができるようになった。
どうやら今までは「dovecot.conf」という1つのファイルで設定していたが、これからは、
「conf.d」ディレクトリにある個別のファイルで設定するようになったらしい。

 ちなみにMaildirの設定は直接「dovecot.conf」に記述してもうまくいったが、本来は、
「conf.d」以下の「10-mail.conf」ファイルに

  mail_location = maildir:~/Maildir

を記述するのが正しいらしい。

Fedora17 bind-chroot が起動せず2012年11月07日 15時27分

bindの設定をいじっていたら、起動しなくなってしまった。

/var/run/named/named.pid does not exist


というエラーが出る。どうやら間違って/var/run のアクセス権を750から700に変えてしまったらしい。 (root:namedの場合)

まあ終わってみれば当たり前の事だが、焦っていると気付かないものだ。

Fedora17 postfix 起動せず2012年11月07日 15時30分

bindのトラブルが解決したと思ったら今度はpostfixが起動しなくなった。

エラーの内容としては、

open lock file /var/lib/postfix/master.lock: cannot open file: Permission denied

内容だけをみれば、このファイルにアクセス権がないということなので、 master.lockファイルにもposfixディレクトリにもアクセス権をフルコントロール与えてみたが、 同じエラーが出つづけた。

postfix をアンインストールし、/var/lib/postfixディレクトリや/etc/postfixディレクトリを削除してインストールしなおしてみても解決はしなかった。


最終的に分かったことは「/var/lib」ディレクトリのアクセス権が750(root:root)になっていたためだった。
アクセス権を755に戻したら正常に起動したわけだが、問題はなぜそのディレクトリのアクセス権が変わってしまったかだ。そんなところをいじった憶えはないのだが・・・


だが得てしてこういう時は、自分が覚えていないだけでやっているものだが・・・


Windosw7で伝言板スクリーンセーバー2012年11月29日 08時46分

いまさらながらWindows7には「伝言板表示」のスクリーンセーバーがない。

追加するにはWindows2000またはXPの「c:\winnt\system32」にある「ssmarque.scr」をWindows7の「c:\windows\system32」にコピーするだけ。