Fedora13→17にupgrade2012年10月30日 19時14分

Fedoraを13からいっきに17へバージョンアップ。
パーティションも切りなおしたいので、クリーンインストールした。

その際に確認した設定の違い。


1.サービスの起動・終了 及び 自動起動

 今までは

  /etc/rc.d/init.d/サービス start(stop)

 で起動(終了)していたが、今度からは

  systemctl start(stop) サービス

 になった。同様に自動起動も

  /sbin/chkconfig  サービス  on(off)

 から、

  systemctl  enable(disable) サービス 

に変更。ちなみに「chkconfig --list」は「systemctl --full list-unit-files」

2.iptablesの設定保存方法が変更

 従来は、

  /etc/rc.d/init.d/iptables save

 だったが、

  /sbin/iptables-save > /etc/sysconfig/iptables

 になった。

3.SELinuxの設定ファイル変更
 SELinuxを止める際の設定ファイルの場所が、

  /etc/sysconfig/selinux

 から、

  /etc/selinux/config

 に変更。


4.dovecotの設定ファイル変更

 FC13からdovecot.confをそのままFC17にコピーしたがエラーが出て起動しない。
 調べるのもめんどくさいので、そのまま新しいdovecot.confを編集して使用。

 ・・・が、どうやら大きく設定がかわっていたらしい。
 http://sakanade.asablo.jp/blog/2012/11/01/6620467


5.デュアルブートでデフォルトのOSを変更
 「/etc/grub2.conf」を編集。

6.IBMサーバーのRAID管理ソフトバージョンアップ
 IBMのHPから最新版のApplicationCDをダウンロード&インストール

とりあえず気付いたのは以上。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
↓に「sakanade」と入力してください。

コメント:

トラックバック