メールユーザー一括登録 注意点2012年10月25日 17時30分

関連 http://sakanade.asablo.jp/blog/2008/07/01/  
    http://sakanade.asablo.jp/blog/2008/07/03/3607821


1.既存のサーバーの受信済みメールを移行するために、USBメモリを用意する。USBメモリは「ext3」でフォーマットする。FAT形式では、「/Maildir/cur」ディレクトリにあるファイル名が長すぎてバックアップできない。

「cp: cannot create regular file `/mnt/usb/Maildir/cur/**********************.2,S': Invalid argument」

 というエラーがでる。

 fdisk /dev/sdb1 で「d」で削除、「n」で作成(プライマリp1)、「w」で書込み、「p」で確認。
 mkfs.ext3 /dev/sdb1 でフォーマット
 (*再度「fdisk -l」で確認しても表示はFATのままだが、普通にEXT3として使える)


2.サーバーのデータ「/home/ユーザー名/Maildir」はアクセス権を維持したままバックアップ

  cp -rp /home /mnt/usb/

3.Windows上で作るユーザーリストは2つ必要

 list1.txt  アカウント名1:ユーザーID1 
        アカウント名2:ユーザーID2 

 list2.txt  アカウント名1:パスワード1 
       アカウント名2:パスワード2 

  という形にする。
 ユーザーIDは新旧サーバーで一致させないと、データを移行したときに
 正しくアクセス権が反映されない。



4.Windows で作成したリストは2つともlinux上で改行コードを変更

  dos2unix ファイル名

5.ユーザーを一括で取り込むシェルスクリプト

for line in `cat list1.txt`

do

user=`echo $line |cut -d: -f1`
id=`echo $line |cut -d: -f2`

/usr/sbin/useradd -g mailuser -u $id -s /sbin/nologin $user
echo $user 
echo $id

/usr/sbin/setquota $user 20480 20480 0 0 -a

done

/usr/sbin/chpasswd < list2.txt

6.「2」でバックアップしたデータを新しいサーバーにコピー

  cp -rp /mnt/usb/* /home/

Fedora13→17にupgrade2012年10月30日 19時14分

Fedoraを13からいっきに17へバージョンアップ。
パーティションも切りなおしたいので、クリーンインストールした。

その際に確認した設定の違い。


1.サービスの起動・終了 及び 自動起動

 今までは

  /etc/rc.d/init.d/サービス start(stop)

 で起動(終了)していたが、今度からは

  systemctl start(stop) サービス

 になった。同様に自動起動も

  /sbin/chkconfig  サービス  on(off)

 から、

  systemctl  enable(disable) サービス 

に変更。ちなみに「chkconfig --list」は「systemctl --full list-unit-files」

2.iptablesの設定保存方法が変更

 従来は、

  /etc/rc.d/init.d/iptables save

 だったが、

  /sbin/iptables-save > /etc/sysconfig/iptables

 になった。

3.SELinuxの設定ファイル変更
 SELinuxを止める際の設定ファイルの場所が、

  /etc/sysconfig/selinux

 から、

  /etc/selinux/config

 に変更。


4.dovecotの設定ファイル変更

 FC13からdovecot.confをそのままFC17にコピーしたがエラーが出て起動しない。
 調べるのもめんどくさいので、そのまま新しいdovecot.confを編集して使用。

 ・・・が、どうやら大きく設定がかわっていたらしい。
 http://sakanade.asablo.jp/blog/2012/11/01/6620467


5.デュアルブートでデフォルトのOSを変更
 「/etc/grub2.conf」を編集。

6.IBMサーバーのRAID管理ソフトバージョンアップ
 IBMのHPから最新版のApplicationCDをダウンロード&インストール

とりあえず気付いたのは以上。

Fedora17でCtrl+Alt+Deleteを無効にする2012年10月31日 11時36分

関連: http://sakanade.asablo.jp/blog/2008/07/08/3616246

Fedora17において「Ctrl+Alt+Delete」で再起動するのを防ぐ方法。

/lib/systemd/system/ctrl+alt+delete.target

の名前を変える。これしか思いつかない。