Fedora11にアップグレードしたらapache起動せず2009年11月05日 13時37分

テスト機のFedora10をFedora11にアップグレードしていたら、途中でハードディスクが壊れ、結局クリーンインストールすることに・・・。しかしいきなり11はインストールせず、10を入れてからアップグレードすることにする。あくまで、テストなんで。

一通りyumでアップグレードした後、サーバーを再起動してWeb、メール、DNSなどが正常に起動しているかを確認する。メール(postfix、dovecot)とDNS(bind)はきちんと起動していた。しかしWeb(apache)が起動していない。デーモン起動時に「httpd.conf」に「Syntax err」が起き、なにやらファイルかディレクトリがなく起動できないと言われている。apacheの設定ファイル「httpd.conf」に問題があるのは間違いなさそう。試しに、apacheをyumでアップグレードした際に自動で作られた「httpd.conf.rpmnew」を「httpd.conf」と交換して起動してみたら、すんなり起動した。旧バージョン(2.2.11-2.fc10)と新バージョン(2.2.13-1.fc11)で何か記述が違うのかな?diffコマンドで新旧の「httpd.conf」ファイルを比較してみる。すると、旧ファイルにはあった、

「LoadModule file_cache_module modules/mod_file_cache.so」

「LoadModule mem_cache_module modules/mod_mem_cache.so」

の記述が新しいファイルにはなくなっていた。試しにこの2行をコメントアウトして旧「httpd.conf」ファイルでデーモンを起動してみたら、今度は正常に起動することができた。

終わってみれば大した問題ではないが、これが本番環境で起きると結構あせるもんだ。テストは大事。あらためて思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
↓に「sakanade」と入力してください。

コメント:

トラックバック