水槽台を作る・・・1・材料購入2009年08月01日 15時59分

水槽台の材料購入

汽水水槽のシルバースキャットが随分大きくなってきた。今までは60cm規格水槽をセパレータで三分割して飼育していたが、そろそろ限界。ということで、新たに水槽を立ち上げることにした。入れる魚がシルバースキャット1匹なので、水槽は60cmスリム(60cm x 20cm x 30cm)にすることにした。

まずは水槽台を作ることに。ホームセンターに材料を買いに行く。木材はSPFとコンパネを使用。2x4を8本と2x2を8本カットしてもらう。その他、サンドペーパー、ニス、ネジ等を購入。これだけですでに6,500円使う。明らかに安い水槽台を買った方がお得・・・。しかしこれで良し。作ることに意義がある、多分。

あと一週間で夏休み。夏休み中には完成させたい。

水替え2009年08月02日 09時13分

淡水水槽1/3水替え。

汽水水槽1/3水替え。

水槽台を作る・・・2・仮組み2009年08月02日 15時10分

水槽台仮組み

さて昨日購入した材料の加工を始める前に、仮組みしてみる。完成イメージを涌かせる。

水槽台を作る・・・3・サンドペーパーをかける2009年08月02日 15時20分

材料にサンドペーパーをかける

すべての材料に#240・中目のサンドペーパーをかける。以前も2台水槽台を作ったがこの作業が一番つまらなくて体にこたえる。しかしできばえを左右する結構重要な作業。汗だくになりながら作業をする。

できたら、濡れタオルで木屑をしっかりふき取る。

ヨツメボラ死亡2009年08月05日 06時49分

以前2匹購入したインドヨツメボラだが一匹がだんだん痩せてきた。反対にもう一匹は順調に大きくなっているのだが。別にエサにありつけていないわけではなさそうなのだが。

そして今日、ついに泳げなくなりそのまま死なせてしまった。あまり飼育について情報の多くない魚だけに大した対応ができなかったのが残念。せめてもう一匹は長生きしてほしい。

オデッサバルブ死亡2009年08月06日 10時52分

淡水水槽のオデッサバルブが死んでしまった。原因は、以前もう一匹同居していたオデッサバルブに尾びれを齧られ、遊泳力が弱くなったためメタボになったからのようだ。

昨日のヨツメボラに引き続き残念。もう一匹は隔離水槽で一匹悠々暮らしているので、長生きして欲しい。

水槽台を作る・・・4・塗装2009年08月11日 10時42分

材料をニスで塗装

ペーパーをかけた材料にニスを塗る。基本は薄く。しかしだんだん疲れてきていい加減になってくる。

この日の予想最高気温は35度。物置で作業をしたが汗が止まらない。水分補給必須。

アクアライフに載る2009年08月12日 06時33分

アクアライフに載る

今週発売の月刊アクアライフ9月号に自分の書いたイラストが載った。キヌバリを描いたつもりだが、バンブルビーゴビーにしか見えない。

これで、「楽しい熱帯魚」「フィッシュマガジン」「アクアライフ」の3大アクア雑誌に載ったことになる。まとめると、

・楽しい熱帯魚・・・付属のはがきで応募。切手必要。

・フィッシュマガジン・・・付属のはがきで応募。切手不要

・アクアライフ・・・付属のアンケートを郵送。切手、封筒必要。(FAXも可)

まあ結局、全国誌に載ったという自己満足のためではある。

水槽台を作る・・・5.サンドペーパーをかける・2回目2009年08月12日 09時42分

サンドペーパーをかける(2回目)

二度塗りの準備として、#400の細目のサンドペーパーをかける。

水槽台を作る・・・6.塗装・2回目2009年08月12日 16時47分

2回目のニス塗り

2回目のニス塗装。以前水槽台を2台作って学んだことは、見える部分だけでなく見えないところも、ペーパーがけや塗装を丁寧に行うと、できばえがいいということ。

これが終わればいよいよ組み立て。

しかし夏休みだけあって作業が進むな。