スドーのリアルブラック購入2009年03月28日 16時41分

スドーのリアルブラック

水槽のイメージを変えたくなったので、スドーのリアルブラックという底砂を購入した。

水で洗い早速水槽に入れてみたいところだが、1つ気になることがある。これまで水槽立ち上げ以来、同じくスドーのクリスタルオレンジという底砂を使っていたのだが、ずいぶんと長い期間水槽の水のpHが高いままだった。パッケージには水質には影響しないようなことが書いてあったと思うが、実際はアルカリ性に傾けるのでは?もしそうなら今は酸性を示している水槽にそのままリアルブラックを投入すると、もしかしたら急激にpHをアルカリに傾けてしまい魚や水草に悪影響があるかもしれない。

不安なので少し時間をかけて、本当に水質に変化がないかを確認することにした。

1週目:

リアルブラック5kg+1kg、合計6kg購入。水で何度も良く洗い15Lのバケツに入れる。そのバケツに水槽の水をギリギリまで入れる。この段階でpHは酸性の黄色を示している。そのまま1週間放置。(ヒーターは一応入れておく)

2週目:

バケツのpHを測ってみる。すると1週間前とは明らかに違う、アルカリ性の緑を示している。やはりこの底砂が水質をアルカリ性に傾ける働きがあるのは間違いなさそうだ。

このまま水槽に入れる訳にはいかないので、試しに大磯砂のように酸性処理を行ってみることにした。スーパーでミツカン酢を2本購入。よく水を切ったリアルブラックの入ったバケツに1本投入。なんだか泡が出てきた。満遍なく混ざるように毎日かき混ぜることにする。

酢を入れて2日目。新しい酢に交換。

3週目:

酸性処理終了。リアルブラックをよく水で洗い、酢を抜くためバケツに入れ真水に浸し1週間放置。

4週目:

バケツの水を捨て、再度真水でよく洗う。そして1週目同様、酸性の水槽水を入れて1週間放置して、pHがどう変化するか確認する。

5週目:

バケツの水のpH測定してみる。まだ若干pHを高めたように思えるが、2週目に測定したときほどではない。これなら水槽に入れても急激に水質が変化することもないと思う。一応酸性処理の効果があったといってもいいのでは?

ということで購入から実に5週間。やっと水槽に入れる準備ができた。

2009/03/28 釣行記2009年03月28日 17時02分

今日は昼ごろ嫁の友達が我が家に遊びに来るらしい。風も強く、気温も低そうでイマイチ乗り気ではないが、気を使って釣行。

深夜2時起床。昨日は歓送迎会で夜遅かったためまだ眠い・・・。栄養ドリンクとコーヒーで目をこじ開けながらポイントに向かう。今日は久しぶりに渥美半島の方まで足を伸ばしてみようと思う。そういえばいつ以来だろう。以前青物を釣りたくて足しげく通っていたが最近全く行っていないような。

4時ごろポイントに到着。かなり内湾のポイントだが、それでも予想通り半端でない強風。かろうじて風裏となるところで、無難にジグヘッドとワームで竿を出す。しかし海の中で流れが巻いているのか全くアタリが取れない。それに加え夜光虫が光りまくり。「ラインがキラキラしてキレイ・・・」とか思っている場合ではない。気合で釣り続けるも1時間ほどでギブアップ。粘っても釣れる気配はないのでポイントを移動。

今後の下見を兼ねて何ヶ所か移動しながら竿を出してみる。しかしどこも風が強く、まともに釣りにならない。結局8時頃には諦めて車中で仮眠。起きたら少しでも風が弱まっていればいいが。

しかし起きても風は強いまま。少しだけ場所を移動して竿を出してみるもやはり釣れず、10時頃に撤収決定。

ということで今週もボウズ。まあ初めからダメそうな予感はあったが。それでもポイントの下見は十分にできたので、また今度風が弱い時に来てみたい。