オトシン水槽に導入。2008年09月07日 19時25分

淡水水槽のオトシン

丸一日の水合わせを終え、オトシンを淡水水槽に導入。がんばってコケ食ってね。

bindにキャッシュポイズニングの危険性あり2008年09月10日 11時55分

Nessusを使ってFedoraサーバーのセキュリティ診断をしてみたところ、いくつか警告が見つかったためバージョンを8→9にアップグレードした。

再びNessusを使ってスキャン。sambaとbindにレッドアラートが見つかった。sambaは使用していないためアンインストールしたらアラートは消えた。問題はbind。Nessusのレポートには「Remote DNS Resolver Uses Non-Random Ports」のタイトルで、「vulnerable to DNS cache poisoning.(キャッシュポイズニングの攻撃を受けやすい)」とかかれている。「キャッシュポイズニング」というのは少し前にネットでも話題になっていたため存在は知っていた。しかし改めて警告されれば、怖い。すぐに対応方法を探る。

対応方法:

まずはbindを最新のものにアップデートする。

次にコンフィグファイル(named.conf)に

query-source    port 53;
query-source-v6 port 53;

という記述がある場合コメントアウトする。コメントアウトするとポートがランダムになる。

最後にファイアウォールでUDPポートが53に指定されている場合はランダムに対応できるように変更する。

ちなみに再帰クエリ(recursion)を「no」に設定していれば攻撃される確率を減らせるらしい。まあ外向けには大抵

recursion no;

の設定だとは思うが。

2008/09/13 釣行記 Part12008年09月13日 12時19分

久しぶりに釣れたムラソイ

今回は海。久しぶりの海。南知多に向かう。

真夜中2時半出発。3時過ぎに現地に着く。とりあえずいつものように常夜灯の周りでワームを投げてみる。しかし全く反応なし。周りでエサ釣りをしている人もあまり釣れていなそう。今日は(今日も)ダメか。結局空が明るくなってくるまで色々ポイントを変え探ってみるが全くアタリなし。

6時、テトラの穴釣りに切り替える。しばらく探るとアタリあり!ああこの感触久しぶり!ムラソイが釣れる。

その後も数匹ムラソイを追加。探り尽くしたのでポイントを移動する。

Part2へ続く・・・

2008/09/13 釣行記 Part22008年09月13日 12時25分

タケノコメバル

2箇所目。久しぶりのお気に入りポイント。まだ水位が高いためウェーダーを履き、同じくワームで岩周りを探っていく。するとアタリがあり。しかしすぐバレる。その後もアタリがあってはバレるを繰り返す。どうも釣りの感覚が戻らないが、なんとか数匹ムラソイとタケノコメバルをゲット。それほどいいサイズではないが、しばらくボウズ続きだったので楽しい。

最終的には昼までで10匹程度の釣果。腕の問題であまり釣れていないが、これからの季節もう少し釣果を伸ばせそう。

水替え2008年09月14日 17時31分

淡水水槽1/3水替え。

汽水水槽1/3水替え。

ロックシュリンプ死亡2008年09月14日 22時32分

夜水槽を眺めていると、一匹ロックシュリンプが横たわっているの発見。ほとんど動かないがかろうじて生きてはいるようだ。昼間に水槽を見たときは水草にぶら下がって普通に見えたのだが・・・。結局そのまま死んでしまった。

ロックシュリンプを2匹購入したのは確か去年のゴールデンウィーク。1年と4ヶ月ほどの付き合いだった。きっともっと上手く飼えばもっと長生きさせられたかもしれない。残った1匹を大切にしたい。

北米淡水カレイ死亡2008年09月17日 20時49分

汽水水槽にいた北米淡水カレイが一匹死んでしまった。3匹購入したうち、一番臆病でいつもパニックを起こし逃げ回っていたのだが、なぜか一番良くエサを食べ成長も早かった。昨日セパレータを超えて淡水ハオコゼなどがいる方に入ってしまったので、追い立てて元のエリアに戻したのだが、それが余計なストレスを与えてしまったのかもしれない。本来ならもっと長生きさせられたかと思うと残念で仕方がない。

ロックシュリンプ、淡水カレイとお気に入りの生体が立て続けに死んでしまった。アクアショップに行くとどうしても新しい生体を購入したい願望が出るが、当面現在の生体を重視していこう。

水替え2008年09月20日 10時30分

淡水水槽1/3水替え。

汽水水槽1/3水替え。

2008/09/20 釣行記2008年09月20日 23時55分

さて今週も時間ができたので釣行。

昨日まで台風の影響でかなり激しく雨が降った。しかし今日は朝から晴天で風も穏やか。ただまだ外海は荒れているだろう。ということで、本日は内湾に決定。夜10時半、出発。今日は前回ボウズを食らった飛島村のポイントに向かう。トリトンを渡り11時過ぎに到着。新しく買ったワームで底を中心に探る。しかし前回同様全く反応がない。時間ばかりが虚しく過ぎる。周りで数人エサ釣りをしている人の電気浮きが見えるがこちらもつれていないよう。結局一度もアタリらしいものはなく終了。

どうもこのポイントは相性が悪いのか。それに毎回トリトンをわたって高速代を無駄にしたことを後悔する。しばらくここは見合わせるか・・・

アマゾンフロッグピットのリフレッシュ2008年09月21日 12時08分

アマゾンフロッグピット

かつて淡水水槽の水面を覆い尽くし手を焼いていたアマゾンフロッグピットが、数ヶ月前からなぜか急速に減少し始めた。葉に穴が空き、根も伸びなくなった。原因は定かではないが、このままでは全滅は避けられなさそう。

ビオトープに入れていたアマゾンフロッグピットは増殖しまくりなので、半数を水槽からバケツに移し2週間ほど天日に当ててみた。すると葉も元気を取り戻したようだ。

残り半分も天日に当てよう。