Fedoraの起動時にサービスが失敗したときの対応2008年09月04日 13時45分

Linuxサーバ(Fedora7)にNessusのインストールをテストしている際、何度もインストールとアンインストールを繰り返したせいか、サーバーが起動しなくなってしまった。正確には起動時にNessusのサービスが起動に失敗しそのままFedoraも立ち上がらなくなってしまった。

とりあえずFedoraをシングルモードで立ち上げたいときのやり方。

Fedoraを再起動し、grubのカーネルの選択画面でカーネルを反転させた状態で「e」キーを押す。

kernelの行(大抵2行目?」を選択した状態で「e」キーを押す。

コマンド入力画面になるので、行の最後にスペースを一つ空けて「single」と入力する。

ENTERを押すと元の画面に戻るので「b」キーを押す。

シングルモードで立ち上がるので、chkconfigで問題のあるサービスの自動起動をやめるなり、アンインストールするなりする。

結構基本的なことなのだがすぐ忘れそう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
↓に「sakanade」と入力してください。

コメント:

トラックバック