生きているということ2008年03月09日 16時34分

アクアリウムをやっていると、必ず生き物の死に立ちあうことになる。今まで動き、エサを食べ、排泄をし少しずつ変化していたものが、突然すべての活動を止めただの塊になる。いい大人なのでいままで何度となく死に立会い、十分にその意味を理解しているつもりだ。

今日一人の古い友人を見送った。まだ33の若さだった。いつかは誰にでも訪れることは解っている。頭ではすべての仕組みを理解している。しかしなぜか受け入れることができない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
↓に「sakanade」と入力してください。

コメント:

トラックバック